青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ウナイ・ダンクル洞窟~ウナイ・マサオロック~ウナイ・チゲット


ウナイ・ダンクル~ウナイ・マサオロック~ウナイ・チゲット 2010年 12月14日
  

  
マサオロック ビーチ

12月に入り乾季の季節へと移り変わり吹く風も爽やかに感じる今日この頃です。
年末から新年にかけてハイク好きのお友達が何人かテニアンにやってきますので、その下見がてらS2 CLUB TINIANのブンさんとショウコさんのご夫妻を誘って、ロングビーチ沿いの洞窟に残された古代チャモロの壁画、マサオロックビーチトレイル、チゲットビーチまで足を伸ばしてきました。洞窟あり、ジャングルのトレイルを歩いたり、新発見もあり楽しいハイクのレポートです。

   READ MOREから続きます。





  
ロングビーチに続く道沿いからジャングルに入ったすぐそこに、古代チャモロの壁画洞窟があります。
この洞窟に入るまでは蜂の巣だらけなのはいつものこと。神聖な場所をまるで蜂が守っているような気もします。入る時はいつもリスペクトな気持ちを忘れないように。


  
壁画に残されているのは象形文字のような、人の形をしたもの。
古代チャモロの文化は紙はなかったのか、木片に彫刻をしたり岩壁に彫刻をしたそうですが、木片は保存期間が短く朽ちてしまいますのでこのような壁画が唯一の言葉の名残りになる貴重な文化遺産です。
彫刻は先の尖った道具で岩を削り、石灰を埋めて長い間の期間を経て岩に沁み込んでいますので簡単に消えることはありません。

  
鳥を象ったもの。
この彫刻に施されている鳥が今回私にとっては驚きモモの木の大発見をしたのですよー!(ちょっとオーバーだけど。)
話が前後しますが、私達3人はこのハイクの最後にチゲットビーチに立ち寄ることにしました。


  
チゲットビーチで見た鳥です。写真は私が撮影しました。小さいのでわかりにくいかもしれないけど、向かって右下の鳥を見て下さい。彫刻の鳥に似ていませんか?


   
この写真は某所からお借りしました。
マリアナスの野鳥の本で調べたら「ホワイト テールド トロピックバード」、チャモロ語では「ファグピ アッパカ」と呼ばれるそうです。アッパカは「白」という意味。尾がすーっと伸びて綺麗な鳥ですねー。主に崖沿いに生息するらしくチゲットビーチも片側が崖に覆われているので、巣作りをして棲んでいるのでしょう。
私は壁画の鳥はこの鳥を象ったものだと確信しています。チゲットに行ったことは何回もありますが、トロピックバードを見たのは今回が初めてです。長い尾で青空を旋回している様子は優雅でとても美しい姿でした。


  
ロングビーチから南へ2キロほど入ったところにあるマサオロックビーチの広場、右手に行くとラッテストーンの集落があります。特に一番奥には大きなラッテストーンが立ち並んでいます。マサオロックトレイルはこの奥の小道から続きます。
前回のテニアン高校の課外授業ではトレイルはタガンタガンが生い茂り通過できませんでしたが、今回はトレイルが整備されていたので容易に探索することができました。

  
トレイルに入ってまず見えてきたのが、この石垣のようなもの。全体が丸くて人の背丈より高く石が積み上げられていますが一体何なのかは不明。


  
底にあるのはタイヤのような丸い物体。鉄製のようです。ブンさんがしゃがみ込んで何なのか検討中。
んでも、やっぱり分からない。今後の宿題。(W)


   
もう少し進むと見えてくるラッテストーンの集落跡。右手は魚毒の木のジャングル。


   
魚毒の木のジャングルの中もちょっと寄り道。鬱蒼としていて木陰が心地よい。でも魚毒の実がゴロゴロしているので足元悪し。



  
トレイルの中は平民の集落だったのか、ラッテストーンも小さめ。

  
  
  
ラッテストーンのあるところには必ずと言っていいほど穀物や薬草をついていた臼があります。生活を営んでいた証ですね。


  


  
ここがトレイルの中の最後の集落跡。


  
今回のもう一つの発見。広場の左手も整備されていて、また新たなラッテストーン遺跡がありました。
前方にサイパン。向かって右にラッテストーンが一本見えてますが、ちょっと暗くてわかりにくいかも。景色は最高!立地条件は海の幸にも恵まれ豊かな暮らしをしていたのでしょう。

 
  
陸でたっぷりハイクをした後はビーチで貝拾い+お宝集め。(W)



  
集めたお宝たち。流木はなかなかステキなインテリアにもなります。ヘルメットの漂流ゴミには大笑いしましたが、今頃ショウコさんはイキな植木鉢にしたのか?それとも次回の洞窟探検の時に頭にかぶるのかは不明。(W)

この後はブロードウェイ沿いの日之出神社にフラッと立ち寄り、チゲットビーチに向かいました。
お天気最高。リフレッシュにはもってこいのハイク日和の半日でした。

ブンさん、ショウコさんお疲れ様でした。お付き合いありがとうございました!

TINIAN LOGPON吉 テニアンをゆく のブンさんとショウコさんのブログも併せてお読みください。

                  皆さんmichiとハイクをしませんか?






                                  michi
  
  




  


  
   

  
スポンサーサイト







2010⁄12⁄16 16:26 カテゴリー:ハイク etc. comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント


新しい発見!
写真見て感激しています。
年寄りにも歩けるでしょうか?
テニアンへ行ったら行きたいですねー。
(2010/12/19 19:25) URL | 白爺[ 編集]

お世話になりました~。
コメント遅れました~。

いやー、今回もとっても楽しかったです。
陸のテニアンの素晴らしさ、満喫させてもらってます。

あの鳥だとうれしいですね!!
500年の時を超えてご対面・・・なんだかロマンティックです(笑)

今度、例の本をもってお邪魔しますね~。
(2010/12/20 18:59) URL | BUN & shoko☆[ 編集]


白爺さん
もうすぐお会いできますね。
このハイクのコースは軽い軽い!以前に白爺さんとエミちゃんとマサオロックのトレイルに入ろうとして私が蜂に刺されて断念した場所です。次回もまたぜひご一緒に!

shokoさん
先週の土曜日のハイクの予定、ガソリン事件のお陰でキャンセルしてしまいました~!またの機会を楽しみに!
ご本、待っとりやす。
(2010/12/20 19:43) URL | michi[ 編集]

おぉぉぉぉ!
スゴイスゴイッ!!!
写真を見ているだけでテニアンの空気を感じるなぁ~♪

ラッテストーン集落はユイトでも行けますか??

是非、連れて行ってください★
最後の宝探しも楽しみだし~♪♪
(2010/12/20 21:15) URL | トモ。[ 編集]


ユイトでも大丈夫!
但しトレイルは今回のように草刈してくれてないと道なきジャングル。トモちゃん達がくる7月頃は雨季だからな~。
次回はロングビーチコースで探検とスノーケリングだね!
(2010/12/21 06:27) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。