青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








第509混成航空群(第509混成部隊)跡地


3月1日(月)2010

 第509混成航空群(第509混成部隊)跡地

  

    

津波騒ぎでテニアンに津波警報が出された日曜日、一様避難の「つもり」でブロードウェイに上ってはみたものの、じっとしていられない性分のmichiでございます。ついでにもっと北に行っちゃえ~と日之出神社を通り越し、その先のローターリーから裏道通ってノースフィールドの西側に出て行くつもり、途中ついノニの葉が気になり道中摘んだりしてみたものの考えてみたら結局はビーチの近くまで来てるのではないですか。

D滑走路の外回りからチュルビーチのロータリーに続く道、右側にはハゴイの池のある付近でサッパリと草が刈られている場所があった。第509混成航空群(第509混成部隊)跡地のある場所です。原爆投下60周年記念の時はアメリカ退役軍人のテニアン島訪問もあり、跡地に続く小道は整備されていたものの、それ以後は全くメンテナンスもされておらず草ボーボーの状態でしたが、このところ新政権になってからやたらあちこちを整備し始めて、ここもそのご加護か、お陰様で久々に跡地に続く小道が現れていました。(後でよく考えてみると、近頃アメリカから議員や軍関係の人達がテニアンを訪問しているので、そのせいもあるかも。テニアンの演習場予定地の件もあるしね。)

という訳で入らずには居られません。もう3、4年振りでしょうか。歴史にも残る核兵器爆撃の使命を受けた第509混成航空群跡地をハイクしてきました。

続きはREAD MOREからです。




 

             

道路脇の草が刈られた入り口から入ると周りはジャングルですが、こんな感じの小道が奥へと続いています。

 1944年12月に編成された第509混成航空群はポール・W・ティベッツ大佐を指揮官に225名の士官、1542名の兵士そのほとんどがテニアン島にて従軍していた。彼らの任務は核兵器爆撃でありそれに遂行する訓練、準備、整備などに関わるものだった。第509混成航空群に関して詳しくは日本語Wikipediaの記述 を参考にしてください。

(以下509部隊と記します。)

   

小道を進むと見えてくるのが部隊の「509部隊ヘッドクオーター」のあった場所。509部隊の中心になっている場所です。

   

これは当時の写真。国旗を掲揚する柱が立っている生垣です。

   

この生垣の奥に進み二股に分かれた道を左に行くと、 コンクリの土台が見えてきます。これは上の白黒写真の向かって右奥に見えている塔の足桁です。

    

その又奥に進むと階段が見えてきます。ここは「チャペル」があった所。

    

階段の辺り、よーく見て下さい。実際、現物を見ると分かります。

この跡地には宿舎、原爆の最終組み立て工場、カフェテリア、屋外シアター、その他多くの施設がありました。

このチャペルの後方に「屋外シアター」があります。写真の後ろ側に黒く大きな建物がありますが、そのまた後ろにはベンチが並んでいます。

   

私が立っているのは屋外シアターのあった土台の部分。土台は少しずつ緩やかな坂になっています。

シアターの建築上、後方からもシアターの壇上が見えるようにしているためと思います。ここでは勝利の式典やチャペルの代わりにミサにも利用されていたとのことです。

   

   

当時のシアター。後方にチャペルの十字架が見えるでしょ。見えるかな?

   

チャペルまでで行き止まりなので、同じ道を引き返し二股に分かれた道まで戻ります。

もう1本の道を進むと右に入る道があるのでそちらにまず入ると、3つのアメリカ兵のヘルメットが無造作に置かれています。1990年代には4つのヘルメットがあったのですが、現在では3つだけ残っています。

これはこの509部隊ヘッドクオーターを建設の際に事故で亡くなった4名のシービー第13建設部隊の兵士達の実際に所有するヘルメットだそうです。(墓地ではないそうです。)

   

メインの小道に戻り進んでいくと大きなコンクリの土台が見えてきます。

「DOG PATCH INN」(ドッグパッチイン)と呼ばれたカフェテリア云わば「食堂」です。

   

    

多くの509部隊の兵士達が集まって食事をした場所です。かなり広い建物跡です。

    

丸い大きなドラム缶のようなものは昔の食堂の写真の向かって右端に見えている天水タンクか何かではないかと思います。

    

さすが食堂跡。「流し」があります。かなり錆びているけど。。

    

    

建物の土台にはパイプがあちこちに残っています。

    

   北  南

1945年当時の509部隊ヘッドクオーター全景。中心に始めに記したヘッドクオーターの生垣があります。丸い部分の左側になります。

広大な敷地の中にQuonset Hutsと呼ばれるかまぼこ型宿舎が建ち並び、ここで核兵器爆弾の投下の準備や計画が練られ日本のいや、世界の歴史が塗り替えられた発祥の地でもあるんですね。

私はここに再びハイクをしてみて、黙々と歩いた以前と違って残された建物跡が何だったのか解明できたことが大きな収穫になりました。テニアンにはどれだけの遺跡や戦跡が埋もれているのだろうか。私達には永遠に知るべくこともなくこのまま土に埋もれていくのでしょうね。

皆さんmichiとハイクをしませんか?

                                                  michi

PS:今回のハイクには多くの参考資料を探し求めましたが、一番の参考になったのが

「ECHOES FROM THE APOCALYPSE」のDVDドキュメンタリーでした。

(Film by Anderson Giles and Bill Francis)

   

スポンサーサイト







2010⁄03⁄03 13:58 カテゴリー:気ままにテニアン ハイク  comment(4) trackback(0)
▲pagetop












コメント


行きたいで~す。
この場所は以前からグーグルでノースフィールドを見ていて興味があった場所です。

今回の旅行目的がノースフィールドエリアですので、デビットを確認後行って見ようと思います。
場所等をテニアン到着後、ご教授下さいませ。
(2010/03/04 08:57) URL | HELLCAT[ 編集]


今なら草も刈られて敷地内も迷うことなく回れます。
場所も簡単にわかります。
訪テニもいよいよ来週ですね。
ぜひこの機会に探索してみてください!

(2010/03/04 16:11) URL | michi[ 編集]


以前訪れてから、数年ぶりになるんですねぃ。
今回の記事でボクも抱いていた謎の数々が解けました。
あのドラム缶、シンク、ヘルメット、高台・・・

以前、地下道探しで、ココも怪しい!と思っていたんです。
というのも、地下道は原爆の秘密を守るために研究者のいる場所と搭載地点近辺を結んでいたのではないか?という話(予想)をきいたことがあったから。
もしかしたら、ここに地下道が眠っているのかもしれませんね。
といいますか・・・
このヘルメットのある場所に向かうトレイルの途中、地面が窪みそうになっている箇所があるんです。(このような窪みは、ラッソーのアメリカ軍ハイツ跡にもみられます)

演習場の計画かぁ・・・
それが出来上がる前にテニアンを隅々まで巡りたいなぁ。
ってゆーか、いろいろなところに行ったけど。でも、まだ知らないテニアンがあると思うんです。
(2010/03/06 16:59) URL | 荘之助[ 編集]


荘さんとエリカと3人で行ったのは4年前になるでしょうか?暑い日でしたが、とても楽しかったです。水路をくぐった時はぎっくり腰になりそうでした!

私のDiaryに航空写真に残っている建物跡を印しましたので参考にしてください。

原爆の研究はロスアラモス研究所のマンハッタン地区で終了していたので、アセンブリーをテニアンに輸送終了したのは広島原爆投下のわずか10日前。それを組み立てたのはウナイラムラムに近い組立工場と、最終の組み立てはかまぼこ型(クォンセットハウス)の施設の中と聞きました。窪みは見ましたが、違う目的と思います。←これは今度会った時に説明します。また一緒に探索しましょう。
(2010/03/07 14:29) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。