青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








MR.ファラレルのアイランド・ツアー


9月20日(日)MR.ファラレルのアイランド・ツアー

   

        ノースフィールド、最後の司令部跡にて

今年のテ二アン高校の新学期には多くの先生がアメリカ各地から赴任されてきました。

マリアナス歴史家のダン・ファラレル氏は新任の先生達の為にファラレル氏独自のアイランド・ツアーを行なっていますが、きょうは私も参加させていただき半日強の観光を楽しんできました。

が、、

台風14号が遠くに過ぎ去ったテ二アンなのに、ものすごい豪雨が降り続けます。

雨にも負けず、雷なんてなんのその!全員びしょ濡れ!行って参りました、ファラレル氏の名ガイドツアー。

  更新しました。続きはREAD MOREから。




ファラレル氏の目的はテニアン島を全く知らない新任の先生達の為に、島の観光地を回りながら、歴史、自然などを紹介し、島の持つ良さをアピールして先生達にこんなに良い価値ある島なんだ、という事を知ってもらう為に行なわれるのが主旨です。

子供達の教育に欠かせない存在の教師は近年マリアナ諸島の学校にとって不足しており、それに従事される資格を持った教師はローカル出身の教師だけでは不足しているのでアメリカ本土に募集案内を出し採用しています。

 

    

カロリナスハイツの高台にある住宅地に向かいます。チャモロの血統が4分の一あればマリアナ諸島では100x100フィートの住宅地を無料で提供されます。(手数料50ドル位かかりますが。)外国籍の人は土地を購入することはできませんが最長55年のリースが許可されています。一般住宅のたたずまいをまずは見学。

スクールバスは大雨の降る中、カロリナススーサイドクリフに向かいます。

   

   

   

 

晴天なら素晴らしい眺めの展望台(柴田砲台跡)もこんな!

雨は一向に止みません。こんな悪天候の観光は初めてです。

    

    

 

スーサイドクリフに到着して全員、バスから降りたはいいもの、土砂降りの雨で全員ずぶ濡れ!

 

     

    

    

 

サンホセ村に戻り、タガの遺跡に案内されました。

タガ遺跡の説明は今回は省きます。

タガ遺跡の説明以外に、ここでビックリのお話をファラレル氏から聞くことができました。

 

多分ほとんどの人は知らないでしょう、、、。

 

1521年にマジェランがマリアナ諸島と発見後、1668年に始めてのキリスト宣教師としてサンビトレス神父がグアムに上陸し布教活動を始めました。

まず洗礼を受けるのは村のチーフを始め、階級の高い婦人達だったそうです。勿論テニアン島のタガのチーフも洗礼を受けたのです。

 

その十字架を立てたい石台がタガ遺跡に今でも残っていたのです。

    

   

 

ファラレル氏の足元にある石台。円形で真ん中には十字架を立てる窪みがあります。

    

   

 

こんな感じで十字架は立てられていたのでしょう。(十字架は私の描いた予想図。)

テニアンで初めての洗礼を受けたタガのチーフの洗礼名は「ホセタガ」だったそうです。

 

    

次に向かったのは韓国人記念碑のある記念公園。

 

韓国人記念碑の裏に回り、ファラレル氏は私達に碑に刻まれた文章を良く読むように言いました。ここでは詳しくは書きませんが、そこに書かれている内容は事実と違うと強く反感を持って説明してくださいました。

興味がある方は次回テニアンを訪れた際に記念碑の後ろ側の説明文を読んでみてください。(但し英文です。)

  

      

 

日本時代に亡くなられた方はここで火葬されました。

ファラレル氏は皆に「この韓国人記念碑とこの火葬場の関係は何かわかるか?」と聞き、皆が「うーん、、、、わからない、、、、なんだろう。。。。?」と考えて居ると、、

 

 

 

「実は、、、、全然関係ないんだよ~。」

皆は、「んじゃ、聞くなよ~!!」

ファラレル氏は皆を笑わせてくれるユーモアがあります。

     

    

 

サンタ・ローデスの祭られた祠に行きます。戦時中はこの洞窟の深くに野戦病院がありましたが、米軍の爆撃を受けて全滅しています。

今ではキリスト教のお祈りの場所として、ミセス・パラシュウスが建立しました。

この洞窟は古代チャモロ時代からの歴史も埋もれている場所ですが、当時ミセス・パラシュウスはご主人の権力の元に歴史保存課の検証も許可もなしに建ててしまったそうです。

     

 

ロザリオが綺麗です。

   

     

    

 

昼近くになって来ましたが、これから大雨の中ノースフィールドに向かいます。その前にフレミングストアに寄りスナック、飲料水の補給。

雨は一向に止む気配なし。なるべくバスからは降りずにファラレル氏の名ガイドでバスは北に進みます。

 

ブロウホールはさすがに天候が悪くてバスからは下車出来ませんでしたが、ブロウホールの険しい岩は火山岩ではなく珊瑚と教えてくださいました。

何万年も前の珊瑚の岩でも足などに擦り傷を作った時はよく消毒して塗り薬を塗らないと珊瑚の傷は治りにくいそうです。くれぐれも珊瑚で傷をつくらないよう気を付けましょう。

  

     

 

日本海軍司令部跡では今は立ち入り禁止ですが、これが最後と思いながら皆で2階までお邪魔しました。

「海岸からも近く、空からも目立つので爆撃目標にされながらも現在でもここまで存在しているのは、よほど頑丈に造られていたのだろう、日本の建築技術は素晴らしい。」とファラレル氏は関心していました。

 

原爆記念碑を始めて見る先生達は興味深くファラレル氏の説明に聞き入ります。

   

     

 

以下ファラレル氏の原爆についての説明の概要。

「広島に落とされた原爆はウラン原爆。広島には構造の簡単な砲身方式で使われた。広島の原爆投下前には何機ものB29がノースフィールドからの離陸の際、墜落した。満タンのガソリンと重量のある原爆を積んだエラノゲイの機長だったチべッツ大佐には操縦士としての技量が要求されていた。ただリトルボーイは砲身方式のため起爆装置にスイッチを入れなければ例え海に落ちても爆発はしないのだ。長崎はプルトニウム原爆、構造の複雑な爆縮方式を使用した。広島の原爆に比べ1.5倍の威力があった。」などなど。雨の降る中延々とファラレル氏の説明は続く。。。

 

そして最後にファラレル氏の締めくくりの言葉。原爆投下に対しては主に国籍の違いによって色々な見解がありますので、どう感じられるかは人それぞれです。

 

「私個人としてはクリスチャンとして原爆の使用は許されるべきことではありません。原爆によって広島、長崎の当日の死者は190,000人強だった。(被爆5年後で両県340,000人に至ると犠牲者の数はさらに上回ります。)

大戦のあの状況下を元に考えてみよう。米軍が日本本土に侵攻した場合、百万人(1,000,000人)のアメリカ兵士の犠牲を予測していた。日本の兵士、民間人の犠牲はそれの3倍、4倍にも上るだろう。当時物資が乏しい日本では細い棒の先を尖らせた槍が一般市民の武器であったと推測する。日本人は祖国を死守することを洗脳されていたので民間人であろうとも槍を手に家族を守るために戦うか、もしくは集団自決の道を選ぶのだろう。北からはロシアの侵攻も始まっており、南からはアメリカからの侵攻が始まっていた。」

ファラレル氏の説明はロスアラモスのマンハッタンプロジェクトの話や原爆の開発に携わった科学者の裏話もあり説得力があります。敵、みかたの見解ではなく真実を辿っているので頷ける部分が多分にありました。

ノースフィールドを後にして、チュルビーチ(上陸海岸)を回り、サンホセ村に戻ります。

観光終了後、ファラレル氏は私達全員をバーべキューに招待してくださいました。

   

     

      

 

マルポハイツ、最高の眺めのファラレル氏ご自宅の2階のテラスから。

    

     

    

南北の海が見渡せ遠くにはライオン岩も見ることができます。

こんな大雨の日に集まられた先生の皆さん、充実した一日に大変満足された事と思います。私もこの雨では観光は無理と思い躊躇していましたが、参加させていただいて本当に良かったと思っています。

ファラレル氏の名ガイドは最高でした!

大変お疲れ様でした!そしてご馳走様でした!

                                            michi

スポンサーサイト







2009⁄09⁄24 13:25 カテゴリー:ハイク etc. comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



最高のガイドさんですよね。
彼の編集した歴史本は、今も私の本棚のテニアンコーナーの、一番の場所に置いてあります。(ちなみに2番目は、マーシーイワタ著の、「マーシーのミクロネシア物語」です。嘘ばっかの本ですが、今となっては、懐かしいいい思いでの本です。)
(2009/10/12 03:33) URL | バンダナおやじ[ 編集]


あはははー!マーシーさんにバンダナさんのコメント読んで欲しい!

ご存知のようにファラレル氏のテニアンの歴史の思い入れは尊敬するべき点が多いにあります。
(2009/10/13 06:55) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。