青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








リターン to  ウナイチゲット クリフライン


7月5日(日)  リターン to  ウナイチゲット クリフライン

 

  

チゲットビーチはブロードウェイを北上して日之出神社先のロータリーの坂道を下った「ブロウホール」の手前にある狭い切り立った崖に囲まれたビーチです。

狭いビーチでも写真に収めると大パノラマのような素晴らしい景観のビーチです。写真は向かって左がブローホールのある海岸。右がクリフラインになっています。

近年、ブローホール側が不発爆弾危険区域なので柵が張られましたが、ビーチの入り口は誰かに破られ出入りが出来るようになってしまっています。くれぐれも左方向には侵入しませんように!

2007年にコール先生とチゲットクリフラインのハイクを試み、大変楽しい見所の多いハイクでしたので、ぜひもう一度クリフラインを探索したいと願っていた私は来島中の荘之助さんをお誘いして7月5日の日曜日にリターンto チゲットハイクに行って参りました。

 

     続きはREAD MOREからです。

 




 

                

クリフラインへの入り口はビーチに向かって右の草木が深く生えた所をかき分けて行くと、崖の下の小道へと繋がっています。チゲットは羅宗台地の様に東西南北に広がる台地ではなく、ひたすら西方に向かう崖なのであまり迷う心配はありませんが、向かう所、大きな自然のある場所なので気は緩めません。

   

     

小道と言ってもこんな感じ。向かって左が切り立った崖。崖沿いは雑草が生えにくいので比較的歩きやすい。、、と言っても時には崖沿いの小道から逸れてハイクをすると、プディング(魚毒)の実がゴロゴロしていてとても足場が悪いエリアもあります。

     

     

崖の所々に洞窟がある。見つければ入って中の様子を確めてみます。

 

     

戦時中に日本軍の造ったシェルター。(タコ壷と呼ばれていたらしい。)チゲットクリフラインは守備隊にとってはサイパンを一望出来る大切な地域だったのでしょうね。あちこちで戦争の歴史の跡が残されています。

 

     

ただ崖下をハイクするだけでは見るものの限度があるので、そろそろ見所の多い谷間に向かって登り始めます。その谷間に行かないとチゲットに来た意味がないというくらい、素晴らしい場所があるんです。久々のチゲットは結構キツイ!正直言ってこの辺で、ちと疲れ気味。。。

 

    

登り詰めていくと、こんな谷間に出ます。荘さんの姿と比べるとどれだけ大きい岩が切り立っているか分かるでしょう。その前方に下りてみると沢山の戦争の遺留品が残されています。

荘さんの「荘日記」にこのチゲットハイクの事がアップされているのでそちらも参考にしてくださいね。

 

    

先が破けて曲がった6インチの砲弾。すごい威力で飛んできたんでしょうね~!恐ろしい。

 

    

この谷間には戦時中多くのの軍人さんや一般市民が避難していたのか、多くの空き瓶や生活品、銃弾が残されています。それらの写真を撮ったり手にしてみたり、時間を忘れてしまいそうな貴重な時間が過ぎていきます。

 

    

谷間の後、まだまだ崖を上に登って行きます。

 

   

一段高くなっているのは日本軍が造成した崖下の小道。

 

   

時間も正午を過ぎたのでビーチに戻ってお弁当にしようと下山の途中で、リナが蜂に刺されました~!

リナは3人の一番後方を歩いていたのに私と荘さんはセーフ。たまたま坂でリナが握った小枝の先に蜂の巣がありました。首と指の2箇所をすぐにペットボトルの水で洗い流し、毒の吸出し器で吸引の応急処置を取って、その後刺された跡も腫れずに済みましたぁ~!一番最後を歩いていても油断はできないんだな~。

 

   

リベンジをしてくれ~!との私とリナの要望に答えてくれた荘之助さんの勇姿。(笑)

 

   

ビーチに近く戻ってきた所。この岩の間を下りて間もなくすると元来たチゲットビーチに戻ります。

 

   

コール先生の置いていったログブックが入り口付近の岩場に隠してあります。帰りに5円玉を入れて来ました。「コール先生、またチゲットにハイクに来ました。」と記帳。

今回はコール先生とハイクした時に探索した竪穴のシンクホールが発見できませんでした~!(残念!)

 

   

ビーチでお弁当タイム。このひと時がたまりません。爽快、はらぺこ、カキ氷食いたい、、、

蜂に刺された時にペットボトルの水を使いすぎて、水不足。。。

 

「どえらい、喉乾いたよ~!」

荘さんの「荘日記」のチゲットハイクも合わせてお読みください。

荘日記  こちらをクリック。click here  

                                

                                    michi

 

 

    

 

 

 

 

     

 

     

スポンサーサイト







2009⁄09⁄02 08:31 カテゴリー:気ままにテニアン ハイク  comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



いいなぁ・・・
行ってみたいよ。
(2009/09/13 01:12) URL | バンダナおやじ[ 編集]


私もさー、バンダナさんとハイクしたいよ。
(2009/09/13 10:36) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。