青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








こんなに自然!サンホセ・クリフラインハイク


3月7日(土)こんなに自然!サンホセ・クリフラインハイク

    

  

      

       

ジュンジュン・メンディオラのテ二アン出発の日が近づいてきました。アメリカに出発前にハイクに行きたいというジュンジュンの希望で私が選んだのは村の中心にあるサンホセクリフラインのハイクです。うちの娘達と同じようにチャモロ人と日本人のハーフのジュンジュンにちょっぴり日本人の残した戦跡も見てもらいたい、テ二アンの自然はこんな村の中にも沢山あるんだ、そんな気持ちがあって土曜日の朝、クリフラインの麓にあるテニアン共同墓地で待ち合わせをしました。

サンホセクリフラインの周辺は日本人が戦争の時に防御に利用した洞窟やトンネルがあるだけでなく自然の宝庫でもあります。きょうは主にクリフラインのジャングルの自然に目を向けたハイクのレポートです。

   READ MOREから続きます。




  

     

おっと、ここは「ワイルドパーク」ではありません。クリフラインに向かう道沿いのマングローニャさんの庭に飼われている鹿です。写真を撮った後、この鹿さんすごい勢いで庭の奥に逃げていきました。いつもは車で素通りしていて気が付きませんが歩いてみると意外な発見があるものですね。

 

     

イバの実。サワーなのでチャモロはホットペッパーソルトを付けて食べたりします。この実の種類は細長いのもあります。

     

サンホセクリフラインは入り口はこんな感じの傾斜になっていて村と隣り合わせにありますが中に入れば鬱蒼としたジャングルで、足場はとても悪いんです。注)上の写真はエントリーする場所ではありません。

私にとっては何回となくハイクしたクリフラインですが、何度来ても自然の宝庫に新鮮な感動がある場所でもあります。

今日はジュンジュンと私と娘のリナの3人トリオのハイクです。こじんまりと気の知れた3人でのハイクの始まり~!どうか、蜂にさされませんように~。(祈)

      

クリフラインのジャングルは常に傾斜になっています。そんな地形なので木の根もこんな感じで地にしっかりと根を下ろしています。自然の知恵ですね。幹と根が混合してしまってがっしりと本体を支えています。以下これから紹介する植物は全てサンホセクリフラインに生息しています。

    

    

白い小さな花を咲かせる、「Smak」(スマック)。この植物はテ二アンのタガンタガンのジャングル、または原生林でも見かけますが、特に自然を破壊されたジャングルでは一番繁殖力があり、元の自然のジャングルに戻る過程で一番見かけられる植物です。マリアナ諸島以外トロピカルアジア、南太平洋の島々で自生。チャモロの薬草でもあるそうです。

 

    

Lipstick Tree(リップステック ツリー)名前のように細長い葉の植物です。白い花とオレンジ系黄色い実が成ります。マリアナ諸島だけに生息する木だそう。

 

    

Hodda(ホッダ)マリアナ諸島、ミクロネシアの島々の原生林に生息。時にはセコンドナリーフォレスト(破壊されたジャングルから徐々に原生林に戻りつつあるジャングル、例)タガンタガンのジャングルなど。)に生息。若い実は緑~黄色~茶褐色に変わり、フルーツバッド、ヤシガニ、野鳥などの好物。

 

    

途中、第56警備隊野戦病院跡の洞窟で、ジュンジュンとリナがしゃがみ込んで検索中。。

 

    

手のひらの上にあるのは「モルフィネ」のアンプル。戦時中、重症の負傷兵だけに宛がわれた最後の痛み止めだったそうです。

 

    

洞窟の外には酸素ボンベが転がっています。

   

    

チャモロは「コラリス」と呼んでいます。マメ科の植物でチャモロクラフトに良く使われ、ボージョーボー、動物のクラフトの目に使われたりしています。豆には猛毒があるのでお子様に要注意。以前「ブルーラグーン」という映画では最後にカヌーで漂流する3人家族の小さい娘がこの実を毒とは知らずに食べて病気になり、生きる希望を失った両親も最後にコラリスの実を飲み込む場面が印象的でした。若かりしブルック・シールズが主演していました。

 

    

クリフラインハイクの最後のポイントはこの日本軍の造ったトンネルです。このトンネルの中も探索すると色々なものを発見できます。

 

     

きょうはラッキー!ジュンジュンがヤシガニを発見。暗いトンネルの中はヤシガニにとっては居心地の良い住居ですが、私達のような侵入者はお邪魔ですな。すみません。捕獲はしませんので写真くらい撮らせてください。

 

     

天井は鍾乳石が出来ていています。

 

     

湿った所には「カエル」もいらっしゃる。このカエルは元々マリアナ諸島にはいませんでした。日本時代に害虫駆除のためにつれてこられたのだそう。ところが一時は増えすぎて逆にこのカエルの駆除をすることにもなったそう。このカエルさん、触れたりすると頭の後ろにある穴から白い毒を「ピューッ」と出し犬や猫だと死にも至る猛毒だそうです。グアムに出没する「ブラウンツリースネイク」でさえもこのカエルは食べないそう。いたずらに触ったり突付いたりしないでね~。

 

     

クリフラインには多くの野鳥が生息しているので、今日こそと出かけましたが小鳥の撮影にはことごとく失敗。唯一取れたのが「サリ」でした。「サリ」がテ二アンペッパーを食べてジャングルのあちらこちらに糞を落としてくれるお陰でテニアンペッパーが繁殖してくれるのです。なのでテ二アンぺッパーは別名「ドンニ・サリ」といいます。

     

    

     

サンホセクリフラインの共同墓地を出た所にあるGaoGao(ガウガウ)の木。「デイゴ」の花です。実は茶色の豆のような実で「ボージョーボー」の手足に使われています。 

 と思っていたら!!間違いでした!上の写真は「アフリカンチューリップ」です。テ二アンのジャングルにも道路沿いでもよく見かける背の高い木です。似たような真紅の花なので間違いました。

本当のガウガウ「デイゴ」はこちら!‚₶‚邵沖縄の県花です。よく見ると全然違う花じゃんか。(。。)

     

     

墓地の拡張工事なのか土曜日なのにブルドーザーが仕事をしていました。今日ハイクしたのは後ろのクリフラインの中です。

ジュンジュンも今日のハイクを楽しんでくれました。来週にはテ二アンを発つジュンジュンですが、今日のハイクを思い出に、いつまでもテ二アンの自然、歴史を胸に残しておいてくださいね。そしていつの日かまた一緒にハイクを楽しみましょう。

 

               皆さんmichiとハイクをしませんか?

 

               あ、きょうは蜂の巣一つもありませんでしたぁ~!へっへーだ!

 

                        BY michi     

 

   

 

     

スポンサーサイト







2009⁄03⁄08 18:41 カテゴリー:気ままにテニアン ハイク  comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント


珍しい生き物の宝庫ですね!
私にとってのテニアンハイクは、自然が多すぎて(?)目にするもの全てが貴重な生物ばかりでした。その時その時で自分の目に焼き付けよう、焼け付けるんだゾと思いつつも、思い返すと形や色や名前もややおぼろげに・・・でも、こうしてお写真と解説を拝見できると、あのとき耳にした音や匂いなど、感覚が甦ります。改めて自然が作り出す色や形に感激しますね。
ジュンジュン(彼は若いから私よりもずっと)の心にもしっかりと残ったことでしょうね!
(2009/03/11 23:38) URL | ありどん[ 編集]


野鳥や植物に興味があるので名前を覚えたいのですが、き、記憶力が、、。それと名前が覚えにくいので何回も同じ草花の名前を調べたり図鑑とにらめっこです。いい加減に覚えろよってね~。
ジュンジュンはこんな村の中に自然や歴史に触れられるハイクができるなんて、楽しかったと喜んでくれまして、私も嬉しくなりました。テ二アン高校で地理を教えていたので、高校のすぐ裏山のサンホセクリフラインに生徒を連れて行ってやれば良かったとも言っていました。テ二アンにいつの日か帰国して実現できる日があればいいなと願っています。
(2009/03/12 20:34) URL | michi[ 編集]


ハイクに行きたいです・・・・
(2009/03/15 02:54) URL | バンダナおやじ[ 編集]


バンダナさん、そろそろ休暇をとってテニアンに来てくださいよ。あれから久しくお会いしていない。禁猟地区ができてから魚も増えたんじゃないかな。解禁になったら大物が釣れそうな気がする。
ハイクはリーダーになってもらって蜂の攻撃を受けてください。お待ちしてます。

(2009/03/15 09:22) URL | michi[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
(2014/08/29 10:50) | [ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。