青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








2009年初詣・羅宗ハイク


      2009年初詣・羅宗ハイク

     

         羅宗神社付近、千本木(ガジュマル)

乾季のテ二アンは雨も少なく、風も時には強く、心地よいのは空気が涼しい朝夕だけで日中の太陽は南国特有のギラギラと照りつける暑い毎日です。

去年はビーチで過ごすよりテ二アンハイクで明け暮れた一年でしたが、今年もハイクで始まりました。きょう元旦は訪テニ中のお友達のケンちゃんと羅宗神社に初詣に行こうということになり、羅宗神社に行くのなら、羅宗台地の南斜面に比較的歩きやすい小道があるので、その付近をハイクすることになりました。

         READ MOREから続きます。




    

  

まずは羅宗神社の神殿がある展望台で初詣です。青空が広がる素晴らしい眺め。この景色で心が清清しくなる思いがします。今年一年も昨年に続き良い年でありますように!ハイク中に蜂に刺されませんように、、とお願いしました。

実はこの羅宗の南斜面ハイク、年末に行なう予定でしたが、暮れになって突然の発熱。そしてとどめに集団食中毒の一員になりまして元旦まで延ばしてしまったのです。

  

  

初詣のお参りをしたあとは、日が高くならないうちにハイクを始めます。ケンちゃんの立っている後方の茂みがハイクの出発地点。かつて何回かコール先生と入って行った場所ですが、今回は南斜面に出来ている小道をたどります。その小道というのはいわゆる羅宗神社に続く日本時代からの「参道跡」なのですが、周りは羅宗台地特有の原生林のジャングルです。

 

   

参道跡に入った所ですが、私の足元を見ると僅かながらでも小道が出来ています。これは最近政府の調査で作られた道なので朱色のマーカーも所々に印されていて比較的歩きやすくなっています。ひたすらマーカーと参道跡を頼りに南へと下りて行きます。

 

  

一体何年ここに根を下ろしているのでしょうか?マリアナスに自生する「ウムム」の木。これほど立派な大木は羅宗台地でしか見ることはできないでしょう。

 

  

自然が一杯の羅宗ですが、このような艦砲射撃に使われた6インチ砲弾もあちこちで見かけられます。

 

   

この木は岩の上に根を絡ませるように生えています。この木もとても立派。存在感があります。

 

   

参道の終わりから少しクリフ沿いに上がった所から時々洞窟を見かけます。これは日本軍が石を積み上げて作った防御用のシェルターです。羅宗には戦時中に沢山の人が避難していました。

   

洞窟の中は広くなっていて数人が生活できるようになっています。中から撮影するとこんな感じです。

 

  

ここは2階建ての洞窟。一昨年の12月にコール先生やフレツリちゃんと来た洞窟です。

その時と来た道は違いますが同じ洞窟に間違いありません。

 

  

羅宗には野鳥も多く枝から枝へと飛ぶ野鳥を見かけますが、写真に納めるのは大変!頭上に来たら数秒のうちに飛び去ります。写真の真ん中に見えているのが「テ二アン・モナック」。テ二アンにしか生息していません。

 

  

今日は短いハイクでしたが、久々の大自然の中で新年を迎えられて気分もスッキリ爽やか。ジャングルから帰るといつも心地よい疲れです。

今回はちょっと驚きの発見もありました。羅宗のジャングルの奥深く古代チャモロの道具も発見しました。日本人村跡も所々に残っていますが、その前のもっともっと昔の人の生活の場でもあった証です。当時はさぞかし自然環境の良い楽天地だったのだろうなと思いました。

そんな森がまた蘇りつつあります。人間によって破壊されても自然の蘇るパワーはすごいですよ。そのエネルギーは誰の力も借りることなく、要はほっておいてあげればいいのです。そっとそっと、ほっておけば長い年月をかけながらも必ず戻ってきてくれます。その中に身を置くのですから私達も癒されるわけですね。

        
羅宗頂上にて。 向かって左からエリカ、リナ、ケンちゃん、michi

       

        皆さんmichiとハイクをしませんか?今年もよろしくです。

 

                                michi

 

   

スポンサーサイト







2009⁄01⁄01 16:29 カテゴリー:気ままにテニアン ハイク  comment(8) trackback(0)
▲pagetop












コメント



羅宗台地について、戦前の書物にこんな記述がありました。

「ラソ山は高さ三十米ほどの丘陵で島の中心よりやや東北に位置していた。頂きに南洋杉に囲まれた小さな祠があった。・・・・・・・・
台上から四方を望むと、陽光をぎらぎらと反映している海ばかりである。
北の方四キロほどの距離にサイパン島の山が見渡される。
反対の南の方角には、ロタ島が煙波の間に模糊として横たわっている。
西南では眼下にアギーガン島の絶壁が白波を砕いている。東方は漫々とした大洋だ。島影一つ見えない。・・・」

私が羅宗神社を訪れた時は、背丈の高い草や木が茫茫で島の周りを見渡す事が出来ず終いでした。
次回、訪テニの機会には、この羅宗台地からの景色を愉しみたく思っています。

(2009/01/02 19:55) URL | 知多の隠居[ 編集]


ご隠居様

今でも祠のある展望台から景色を見渡せるのは、南のライオン岩から北のサイパン島にかけての南北の方角だけ。
でも古い書物に描かれている四方の景色は目を瞑れば蘇ってくるようです。

テ二アンでは2番目に高い羅宗台地ですが眺めはどこにも負けない壮大さがあります。
(2009/01/03 07:34) URL | michi[ 編集]


社殿横の高台からサイパンを望む眺めは、
僕の最も好きなテニアンの景色です。

サイパン空港に降下する日本からの到着
便を眺めながらいろいろ考えてました。

この写真を見るだけで当時のいろんな事
を思い出します。



2月か3月にまた行きたい思いますので
その節は宜しくお願いします。
(2009/01/22 19:14) URL | ドンニ[ 編集]


ドンニさん
神殿から望む景色は雄大で、小さなテ二アン島のイメージとは違う物が感じられます。

次回はプライベートでしょうか?それとも名ガイドの慰霊ツアー?(笑)お会いできるのを楽しみにしていますよ。
(2009/01/23 07:16) URL | michi[ 編集]


↑相変わらず人様のブログで失礼な行為をする、哀れなバカ野郎。
しょーがないなぁ、まったく。気の毒に。

(2009/02/01 21:08) URL | 通りがかりの常識人[ 編集]


通りがかりの常識人さま

よくぞ私の言いたいことを言ってくださった。

「オーナー」とかなんとかいう人、スレッド違うの分かってるだろ~。
IPアドレスバレバレ~!ネットポリスに通報するしかないか。
(2009/02/02 05:44) URL | michi[ 編集]

さすがの写真が・・
無事帰国!多謝・多謝!
流石に好アングルの写真ばかりで感心して眺めていました。
あの大木はこうして写すのですねー。
ここにも「バカやロウ」が立ち寄るのですねー。
私はすぐに関係の筋に報告しています。
そして削除しています。
投稿できないように破壊するソフトがほしいですねー。
(2009/02/09 11:18) URL | 白爺[ 編集]


白爺さま

こちらこそ、お世話になりました~!
釣りのリールもありがとうございました。
大切に使わせていただきます。

羅宗のハイクは楽しかったですね~。蜂の一撃もありましたが今では良い思い出。
これから皆さんの訪テニの様子を更新しようとしていたところです。
白爺さんのブログも楽しみ!

皆さんお帰りになった後が寂しいです。

スパムの「バカヤロウ」は徹底して削除してやります。恥ずかしい事をしているのがわからないのでしょうかね~。
(2009/02/09 16:43) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。