青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








日之出神社~エミちゃんからの宿題


日之出神社~エミちゃんからの宿題(ミッション・インポシブル)
    

 テニアン島 日之出神社 昭和14年7月18日創立と「海外神社、南洋編」では記されているが、大鳥居の向かって右の支柱には「昭和16年1月10日建立」と彫られている。

年に2回は訪テニするエミちゃんとは時々日本からでも国際電話でお話をする。戦前マルポに住んでいたエミちゃんだからテニアンの話をすると尽きないし、私にとっても大変興味深いお話を沢山してくれる。
先日、そんなエミちゃんからいつものようにお電話をいただいた。
その内容は「ブロードウェイ沿いにある日之出神社に行くと、灯篭の上に壊れた龍がのっているので、その写真を撮ってきて。」という宿題だった。

エミちゃんからの宿題、行ってきました、「日之出神社」探索+周辺ハイク。
雨にも負けず、ボーボーの草にも負けず「ミッション・インポシブル」。
おかげで、また新しいスポット見つけちゃったぁ~!

   更新しました。 READ MOREから続きます。




           

10月18日(土)は朝から雨が降ったり止んだり、そうかと思うと晴れてみたりと、全くお天気の予測がつかない雲行きでした。ブロードウェイを北に走っていると目の前に真っ黒な雲がこちらに向かって来ているので「ヤバイな~」と思っていたら案の定、、、どしゃぶりが始まった。しかも「日之出神社」に着いた時に。。。

仕方がないのでブローホール(潮吹き海岸)までドライブをして雨が止むまで待つことに。

そして少し小ぶりになったところをいざ、出陣!上の写真は一の鳥居。今日のハイカーはJude,ぴけちゃん、エリカと私の4人です。

きょうはエミちゃんからの宿題を兼ねて、以前からもっと詳しくこの周辺を探索したかったので丁度良い機会でした。

そのエミちゃんからの宿題と言うのは「灯篭の上に龍の置物が乗っているのでその写真を撮って寸法を計ってきて欲しい。」という事でした。エミちゃんがなぜそんな宿題を私にくれたのかは、ここでは特別記さずにおきましょう。

ただ、この宿題のお陰でその他に色々な発見がありました。

   

「日之出神社」について私の分かる限りで説明します。ブロードウェイから一の鳥居の向かって右には建立の年月日、「昭和16年1月10日建立」と刻印され、左には「第四農場耕作者一同」と刻印されています。

「NKK神社」と呼ばれてもいたので「日之出神社」は南洋興発が建立したと思っていましたが、南洋興発が建立した神社はサイパン、チャランカノアにある「南興神社」とテニアンの今のサンホセ教会にあった「テニアン神社」と聞きました。

    nkk ©このプレイトは戦時中、元通信部員だった森岡さんが近年テニアンに寄贈したものですが、その説明にはやはり南洋興発が建立したので「NKK神社」と呼ばれたと記されています。この画像をクリックしてください。

日之出神社沿いにはハゴイから続くサトウキビを運ぶ鉄道が走っていました。終点は今もあるロータリーのアメリカンメモリアルの辺りまでだったそうですが、それがいつの間にかNKK(南洋興発)が建立したとなってしまったのかわかりませんが、かつて繁栄していた時代に南興の汽車が日々サトウキビの運搬で「日之出神社」の脇を通り活躍していたので「NKK神社」と呼ばれるようになったのではないでしょうか?私の勝手な解釈です。

   

しばらく参道の跡を歩くと、二の鳥居が見えてきます。両側に灯篭がありますね。

宿題の龍は向かって右の灯篭の上に置かれていました。

   

こちらの灯篭の傘の上にちょこんと置いてある。

   

頭の部分は残っていますが背中は破損しています。

   

置いてあるだけなので手で持ち上げられます。本当はどこに飾られていたのでしょう?私の推測ですが住吉神社の神殿の祠の両側に龍の彫り物をした支柱があるので、龍は神様を守る為に神殿の何処かに祭られていたのではないでしょうか?間違いないのはこの灯篭の上にはもともと置いていなかったはずです。あらゆる角度から写真を撮り、宿題はあっという間に終わってしまいましたが、きょうのハイクはまだ始まったばかり。

   

二の鳥居をくぐると、対の灯篭があります。草にほとんど埋もれていたので草むしりです。

   

雑草を取り除くとこんな感じ。

   

もっと奥に進むと3番目の灯篭が対で建っていて、その奥に神殿が見えます。

   

神殿の前で参拝をしてる訳ではありません。何かないかしゃがみ込んで検証中の私。いつもこんなことしてます。

   

神殿の全景。周りの柵の一部は横に倒れています。神殿の周りもくまなく検証?した(つもり)ので、とりあえずは二の鳥居まで引き返し、向かって右のジャングルに入ります。この頃ハイクをしていて、匂うんですよね、なんかありそ~って。段々michiも野生化して来ました。気の向くまま、思いのままに行動します。

    

二の鳥居から、なんとなく小道が出来ているので、その小道の沿って行くと大きな窪みがあります。その窪みは東から西へと続く長い鉄道の線路跡だそうです。(後日エミちゃんが当時ハゴイにお住まいの知り合いの方に問い合わせた所、鉄道の線路跡に間違いないそうです。)

    

鉄道跡を証明する線路が絶対にあるはず!と線路跡を探すとやっぱりありました!汽車の線路跡の証です       

    

これは見つけた中では一番長い線路です。10メートル以上はあったと思います。

   

線路跡の窪にいったん下りて、乗り越えると遠くに雑草が腰くらいまでに生えた草原があり、その先にまた木々の繁ったジャングルになっていますが、その奥に「第四農場」で農場を営んでいた沖縄の方の民家跡があります。

   

こんな所まで森岡さんが寄贈した説明プレイトが設置されているとは驚きです。森岡さんは3年ほど前に亡くなりましたが、生前は親しいお付き合いをさせて頂いていました。森岡さんがここへ連れてきてくれたのかな?とふと思ってしまいました。

   h ©説明は写真をクリックして拡大すれば読めます。

   

母屋の跡には風呂場なのか水汲み場なのか、水の溜まった窪みが草の下に隠れているので注意してください。

   

戦前はこんな所まで人の営みがあったのですね。今ではジャングルに覆われ、周りを見渡すと日本人住居の名残りか、カマチリの木や良質のパパイヤの木が生えています。

   

今日も充実してたな~。もと来た二の鳥居まで戻って、手の届く所にある、たわわに実ったパパイヤを頂き帰路につきます。

        _____________________________________________ 

    

 このハイクは1日では調べきれない部分もあり2日間に渡って行ないました。2日目はロータリーにある「アメリカンメモリアル・日之出神社」にも行き周辺を詳しく探索してきました。
(HINODE SHRINEと明記されていますが、本当の名称は日之出神社ではないと聞きました。)

そこでエミちゃんとの会話で大変興味深い事実を確認しました。

私は日本時代にテニアンに住んでいたという人からロータリーの神社の事を聞いた事があります。『ロータリーの「アメリカンメモリアル」は日本時代からその場所にあった。北の方角の日本の皇居に向かって設置されていたのでテニアンの住民が皇居に向かって毎朝、天皇陛下に敬意を表し一礼する場所だった。』と聞いたことがあったのです。

そこでエミちゃんにその話をすると、早速エミちゃんが知り合いの神主様に問い合わせてくれました。その神主様曰く「あれは神社ではありません、「よう拝所」と呼ばれるものです。」と言われたそうです。その神主様は近年テニアンの神社を清め、遺骨収集にも従事された方です。

うん!これでツジツマが合う! 土台はしっかりしているので日本時代から「よう拝所」として使われていたのかもしれないが戦後、アメリカ兵やチャモロの手で灯篭が持ち込まれ、鳥居も造られ、「アメリカンメモリアル・日之出神社」の誕生とあいなった訳ではないか。

エミちゃんと細い糸を繋ぎ合わせて行くと、何かが薄っすら見えてくる。

(あらためて)私には財産も、なあ~んにもありません。(笑)

でもこうやってテニアンの歴史を見て手で触れて、何かを発見した時のちょっとした感動が何にも変えがたい財産です!って、マジで言ってるんだぁ~け、ど、な。

皆さん、michiとハイクをしませんか?

 参考 

  

       

            日之出神社概要 ã

天仁安(テニアン)神社天照大神
明治天皇
貴船神
昭和9年11月23日テニアン島ソンソン 
住吉神社天照大神
豊受神
大国主神
貴船神
昭和14年7月5日テニアン島ソンソン 
和泉神社天照大神
豊受神
大国主神
貴船神
昭和14年7月5日テニアン島マルポ 
橘神社天照大神
豊受神
大国主神
昭和14年8月3日テニアン島カーヒー 
日之出神社天照大神
大国主神
貴船神
昭和14年7月18日テニアン島アンガー 
羅宗神社天照大神
大国主神
昭和14年7月14日テニアン島チューロ

Jude、 Thank you for the pictures you provite for my blog Hikes on Tinian.

                                                                                                             

                        Whereever you wanna go hike just ask me.          michi    

         

 

スポンサーサイト







2008⁄10⁄24 22:34 カテゴリー:気ままにテニアン ハイク  comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント


お神酒
私は1度行った場所でしたが、草ボーボーで本殿から行くか2の鳥居から行くか不安だったのですが、無事にたどりつけたのは森岡さんのおかげかも知れませんね!(^v^*)b
以前、霊感のある偉い方が、「日の出神社だけはまだ天に続いている」っと言っていたのを思い出しました。この日の出神社とスーサイドクリフは毎月お神酒に行っているので、今度行く時は森岡さんの所にお菓子を持ってお礼に行こうと思います♪
今夜のハロウィン楽しみにしていま~す☆v-39v-274
(2008/10/25 09:47) URL | ぴけ[ 編集]


私も日之出神社で御祓いをした神主さんのお話を読んだことがありますが、その時に多くの霊を見たそうです。
変な話ですが、私はそうゆう場所に行くと恐さはなく静かな気持ちになれます。

ハロウィーンのテニアン高校のお化け屋敷の方がずっと恐いです~。今年は屋外だって。今夜も挑戦?毎年大人で入るのは私とぴけちゃんだけです。今年で5年連続!?
お弁当のBBQディナー注文しておきました。
(2008/10/25 11:20) URL | michi[ 編集]

十分に理解しましたが?
いろいろ有難うございました。
早速コピーさせてもらい、ドラゴン・ボーイの所に送りました。
ドラゴンはどうするか?。
雨?嵐? 白爺が行く時だけはフリーダムを飛ばせてくださーい。v-196
(2008/10/25 11:25) URL | 白爺[ 編集]


白爺さん、お陰で色々お勉強ができて楽しかったです。
日之出神社のドラゴンはテニアンの隠れた
迷所?(名所)になったりして。
(2008/10/25 15:29) URL | michi[ 編集]

フロンティアスピリット
大戦時には鉄材が不測して、線路さえもトーチカなどに活用されたと伺いましたが、まだこんなに長い線路が残っていたのですね。ボーボーの草を掻き分け、それに負けないmichiさんのガッツなスピリットのお陰で、この島で日本文化の繁栄に力を注いだ方々が携わり、残してくださったたくさんのテニアンに残る「日本」を目にすることができました。よう拝所、という言葉は初めて聞きましたが、そのお話を伺って、日本人としての文化・習慣を守り続けた、当時の方々の祖国に対する思いの深さも感じられます。
かつて此処で暮らしていた日本人の方に負けないフロンティアスピリットをお持ちのmichiさんと、ハイクさせていただきたいでっす!
(2008/10/25 22:38) URL | ありどん[ 編集]


ありどんさん、そうか~、戦時中は鉄が大切な資材だったのですね。長い鉄道の線路が一体どこへ消え去ってしまったのかと思いましたよ。神社の境内にどこから持ってきたのか線路が一本だけ飾るように置いてありますが、自然のままで見つけたのは写真の2本だけ。
今回のドラゴンにしても何回も足を運んでいる所でも、見逃している物があるんですね。次回の訪テニは、2-3泊前回よりも伸ばして、もうちっとだけ、私とお付き合い頂きたい。こちらこそよろしくです。
(2008/10/26 09:31) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。