青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








こんなハズじゃ、、その②サンホセクリフライン東方斜面~日本人防御要塞に移動ハイク


7/12/Sat/2008 こんなハズじゃ、、その②サンホセクリフライン東方斜面~日本人防御要塞に移動ハイク

         

この日は朝から熱帯低気圧の雲がどーんと居座り朝から雨が降りそうな気配。でも雨模様は風も爽やか久しぶりに身体もホッと一息つける天気です。午前中に出発するハイクも家でダラダラと過ごしていたので珍しく午後からのハイクとなりました。

今日は気温も低め、太陽も出ていないので歩くにはエネルギーも使わず「怠け者ハイク日和」です。2人のケライ(娘)を従えて今日も行きます「サンホセクリフライン東方斜面」!、、、のつもりが、、。

    続きはREAD MOREから読んでね~!




    

先日、白爺さんご一行様とハイクしたサンホセクリフライン。その時は西方向に向かってハイクをしましたが東に向かったことがなかったので今日はそちらに向かってクリフライン沿いをハイクします。ちなみにコール先生は東方に向かってハイクしたことはないそうです。ですから何があるかは全くわかりません。

    

入ってすぐの所に昔、積み上げた石垣の様なものが残っています。雑草だらけで全体を撮るのは無理でした。

    

西方向にもあった境と彫られた石の標識。番号も彫られていてジャングルの所々で見られます。日本時代の土地の所有を示すマーカーと思われます。

    

道なき道は連日の雨でぬかるみ、オマケに突き当たったのがテニアン高校のフェンス!山の上までフェンスで囲っちゃってるんですね~!そのフェンスに沿ってクリフの頂上まで出てしまいました。左下に見えるのがテニアン高校。

アギガンを見渡す景色はお天気が良かったら最高です。でも、、今日はあいにくとドンヨリ曇り空。おまけに雨もシトシト降り始めました。

    

頂上の先(北)の奥へとハイクを続けます。ここはタガンタガンとテニアン特有の昔からの原生林がミックスした*セカンダリー・フォレストです。

*テニアンには昔からのジャングル、ネイティブ・フォレストとセカンダリー・フォレストがあります。戦後米軍がタガンタガンの種を島中に蒔きました。焼け野原になった島を早急に緑地化するためと、タガンタガンを選んだ理由はその繁殖力ゆえ農業などの産業ができないようにするためとも聞きました。本来の原生林はほとんど消滅してしまいましたがそれでもオリジナルな原生林は部分的に残されています。ハイクをしているとタガンタガンのジャングルが少しずつでも元の原生林に戻りつつある様子も伺えます。自然の再生力は力強いものです。

    

ピンク色したキノコ。雨季で湿ったジャングルには何十種類のキノコが生えています。リナ撮影。

娘のリナはここぞと夢中になってキノコの写真ばかり撮っていました。以下はリナ撮影。

     ここにも。。

    ほら、ここにも。。。。  

    ほらほらほら、ここにも。。 

           ピンボケばかり、、、、。

「おりゃ~キノコばっか撮ってるんじゃないよ~!」、、と私。

    

    

頂上奥のジャングルにて。顔は笑っていますが、へタレております。ここまで結構急な坂でしたので。

その割には収穫は娘のキノコの写真ばかり、、。そして先週に引き続き、、、

    

東にもっと進んで行きたかったのですが、草の背も高すぎてサンホセクリフライン東方向はここで断念、引き帰すことに。

今日は前回の住吉神社以上に服がドロドロ、ジーンズは腿から下はびしょ濡れです。ここで帰宅すると前回同様無駄なお洗濯が待っているだけ。

よってもう一箇所にハイクをすることにしました~!

コール先生とあの恐怖のロングハイクをスタートした地点、ブロードウェイを北上しロングビーチの入り口を過ぎた所にある「日本人防御要塞」の入り口を確認したかったので、そちらに向かうことにしました。

    

    

「日本人防御要塞」がある場所はブロードウェイを北上しローターリーに向かって左側の羅宗台地の麓にあります。以前は戦跡の観光スポットでしたがご覧のように草が生い茂り入り口を見つけるにも困難な状態です。正面に見えるのが羅宗台地。以前ハイクで来た時はピックアップでこの道を入って行きました。

    

草をかき分け中に進むと竹林が見えてきます。

    

竹林に向かって真っ直ぐ進んでいくと羅宗台地の足元です。と言うかここはもう羅宗台地の中。羅宗独特の原生林のジャングルに囲まれています。階段があるので道なりに奥へ進みます。

    

テニアン特有のライムストーンの洞窟がいくつも口を開けています。この周辺を防御要塞として日本軍が戦時中利用していたのですね。

    

要塞に使われていた洞窟の中から外を撮影。

洞窟内は足元も悪く落石などの危険もあります。単独では行動せずに現地のガイドに同行してもらいましょう。

     

この周辺をハイクするにはそうは時間がかかりません。椰子ガニなども見かけることができる自然に囲まれた羅宗の姿を見ることができます。

     

一周して竹林の中を探索すると、こんな日本時代の名残もあります。当時日の出神社方向に走っていた汽車の足桁と思われます。

     

テニアンにはあちらこちらと竹林を見かけますが、特にここは立派でテニアンでは代表的な竹林だと思います。

                   

雨模様の一日でしたが雨季のテニアンは特に野草が元気になる季節。特にキノコがね~。(笑)

 

                           By michi

 

スポンサーサイト







2008⁄07⁄21 15:27 カテゴリー:気ままにテニアン ハイク  comment(4) trackback(0)
▲pagetop












コメント


早く探検したいです!
雨季だというのに頑張りますねー。
キノコもビックリしていたでしょう。
東側はダメですか。東側には洞窟は無いのでは?
羅宗の洞窟、昔を思い出します。
ホーンさんと羅宗神社の手前左から降りて、司令部が撤収して歩いた洞窟を数箇所回り、終了して上がる時の断崖にはEmiiも苦労していました。
登り終わったら神殿の左側に出ました。
絶対に案内無しで入らないようにして欲しいと思っています。
西?東?本当に分からなくなりますからねー。
青木さんが「テニアン行きたい病」にかかって悩んでいます。
慰めてやってください。
(2008/07/23 11:29) URL | 白爺[ 編集]

白爺さんへ
湿った陽の届かないジャングルの中には沢山の種類のキノコがあって、見つけるたびに立ち止まり写真を撮ってます。(キリがない。)そのうちキノコ図鑑が出来るくらい。
羅宗は上級ハイクのポイントですよ。あそこを制覇するには熟練していないと危険です。私達も神殿の階段を下りたあたりからハイクを始めます。青木さんも次回テニアンに来られたらまたハイクにお誘いしますよ。
(2008/07/23 12:24) URL | michi[ 編集]


諦める、というと、残念な響きがありますが、アキラメマシター、の文字がなんと申しましょうか、毎回とてもポジティブな印象で読み進む楽しさを倍増させてくれます。
足元をしっかり見ていれば、こんなにたくさんのキノコも見ることがきるのですね。しかも南国の草花同様、色とりどり。
洞窟を見ると、この岩達はどんな歴史を見て来たのか、どんな風に姿を変えてきたのか、と考えさせられますが、白爺さまのお話を伺うと、このお写真も益々シミジミ見てしまいます。
(2008/07/26 21:16) URL | ありどん[ 編集]


ありどんさん、時にはアッサリと「諦める~」も必要かな?でも、最近ちょっと多すぎ?(W)

テニアンには沢山の洞窟があり興味深い地形ですよね。横穴だったり、縦穴だったり、トンネルだったり。テニアンの洞窟は遺跡あり、戦争の遺品もあったりと時間の止まったような空間ですよね。

(2008/07/26 22:46) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。