青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ウエスト・フィールド ハイク


03/22/SAT/2008  ウエスト・フィールド ハイク

                 

きょうのハイクは カーヒー地区沿いにある「橘神社」跡を探索後その周りのジャングルをハイクします。この辺りは第2次大戦中に飛行場や道路の建設に関わったUSシービースのコンパウンド跡地でもあります。前方の高い木は「フレームツリー」ですがこの木が植えてある辺りには必ずと言っていいほど日本時代の名残りが見ることができます。

        read moreから続きます。




                   

カラリと晴れた土曜日、今日は暑くなりそう~!

写真は「カーヒー地区」にある「橘神社」跡地近くにある広場にトラックを駐車したところ。今日のハイカーは総勢10人。向かって左から、ピーター、ダン、コール先生、後ろ向きのキンバリー、MRダン・ファラレルのお父上のジョー氏(MRファラレルはマリアナ史の教科書の著者です。)、私、アメリカからテニアン訪問中のギャリー氏、エリカ。写真に写っていないのはマサさんと撮影中のJUDEです。

今日のハイクは先週のライオン岩と違ってタガンタガンのジャングルで比較的平地なので楽なハイクとたかをくくっていましたが、、、

     

ま、始めは草もヒザくらい、、、

     

でも奥に入るにつれて草ボーボー。足元はツタだらけでつまずきやすく足を踏み出すたびに注意が必要です。

     

橘神社近くになると見えてくる竹林。

     

祠の跡が見えてきます。日本時代のテニアン島には6箇所に神社が建てられていました。カロリナスの「住吉神社」、ソンソン(現サンホセ村)の「テニアン神社」、マルポ地区の「和泉神社」、羅宗台地にある「羅宗神社」、ブロードウェイ沿いの「日の出神社」と、このカーヒー地区にある「橘神社」です。

     

祠跡はしっかりとした土台で今でも柵に囲まれて残っています。確かこの階段の向かって左側奥に倒れた鳥居が残されているはずだったのですが、コール先生は何を思ってか階段の下方に向かってハイクを始めました。(ので鳥居は今回は見ずのままです。)

     

そこからすぐの場所にコンクリートのファンデーションが残っています。

     

かなりの広さで上に草が生えているのでコンクリート部分が良く見えませんが矢印の私が立っている所は端の部分、緑の線で囲んだ辺りまで全部ファンデーション(土台)部分です。かつて何の建物があったのか何に使われていたのかは不明です。

     

まだまだ奥へと進みます。足元はツタだらけ~。もちろん蜂の巣だらけ~。それでも楽しいテニアン・ハイク。(負け惜しみじゃないよ。) ジョー氏は81歳!この方も健脚でござる。

     

タガンタガンの木の向こうに土台が見えます。この辺りこのようなコンクリートの土台が数箇所見かけられますがコール先生はシービースのコンパウンド跡地だと言っておられます。

     

このような訳の分からないような鉄の塊が時々落ちてたり、、、。

     

2箇所目のファンデーションの上を歩くコール先生。

     

ファンデーションの上にも何か落ちてます。

    

何かの部品ですが何かは不明。ただの鉄くずと言えばクズだけど、、、

     

皆は検証に夢中、、、。michiはしゃがみ込んで、すごく興味深々、、。

     

ついにはマサさんもしゃがみ込み、JUDEも寄って来ちゃって検証に身が入りすぎた頃、、、

 

 

おりゃ~~!! はよせんかい!とコール先生に促され仕方なく前進。

     

     

     

パンダナの葉の裏側に「大きな蜂の巣があるよ!」とマサさんと怖い物見たさで見に行く「アホな親子」。親子共々蜂に刺され痛い思いをした経験者!だからマサさんを先に行かす、このズルさ、、。乾季の今でもこの草の高さなので雨季だったらどうなるんでしょ。

     

これからもハイクは続きます。いつものように道なきジャングルを蜂の巣を避けながらハイクします。

    

     

途中で見つけた野鳥の巣。中に2羽の雛がいたんです!もう可愛くて可愛くて皆で夢中になって写真を撮りまくっていると、、、、、

 

 

おりゃ~!あんまり鳥の巣、邪魔するんじゃないよ!、、とコール先生に注意を促され、、、。あんまり邪魔してると大きな野鳥に見つかり襲われて餌にされちゃうそうなんです。なのですぐに巣から離れました。

     

     

ひたすら前進。私が跨いでいるのは大きな松ノ木の根。馬乗りになって遊んでいるわけではありません。ちゃんとハイクしてるんです。

    

コール先生はなるべく歩きやすい道を選んで来てくれましたが、それでも最後はもう草ボーボーは避けられません。もうじき予定通り8thアベニューに出る近くになった地点。約3時間のハイクでした。

    

ついに出た~!先生が立っている所が8thアベニュー、右に行けばチュルビーチ。最後の到達地点が急な坂になっていたので私は草の上をお尻で滑って降りて来ました。

       

ジョー氏もご到着。ご苦労様でした!

    

全員8thアベニューに出た道路を北に向かってトラックを駐車した地点までハイクです。あーーー普通の道路は歩きやすい。

    

     

コール先生とのハイクもあと1回で最終回。後継者として先生のGPSを借りてマチェディを片手に格好をつけてみたものの、、、

読み方がわかんない~! ここは8thアベニューのど真ん中。やばいぞ、これって。

 

I would like to say big thanks to Jude who is proviting nice pictures for my blog.

コール先生きょうも楽しいハイクでした。ありがとうございました!

 

テニアンの歴史、自然生物、植物、野鳥、などに詳しいコール先生のブログです。Hikes On Tinian クリックすると別のウィンドウが開きます。

   

    

     

 

スポンサーサイト







2008⁄03⁄22 20:28 カテゴリー:コール先生とテニアン ハイク comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。