青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
フラット・二コールのハイクス オン テニアン


          

        フラット・二コールのテニアン訪問

           

フラット・二コールちゃん13歳は(FLAT=紙でできててペッタンコなので。)はアメリカからテニアン・アドベンチャーのためにやって来ました。
二コールちゃんは、フラット・スタンレー・プロジェクトに基づきテニアンを旅することになったのですが、

          
           これがオリジナル版のスタンレーちゃんです。

スタンレーは紙で出来たお人形ですがアメリカでは子供の間でとても人気者。このお人形が世界中を旅して、子供たちを始め人々のコミュニケーションの役に立って来たのです。そのスタンレーの世界旅行の写真集はこちらから。こちらをクリック。click here  日本にも行きました。その訪問国の数はすごいですよ~!なんせ紙でフラットなので封筒に入れれば郵便局からどこへでも行けちゃいますからね。

さて、そのフラット・二コールちゃんのアメリカ帰国の日も近づいて来ました。
そこで二コールちゃんのテニアン・ハイクの様子を紹介させていただきます。

  Please go to read more .




                                        

フラット・二コール(以下、二コール)がアメリカからテニアンに遊びに来たのは今年の2月のことでした。ホームステイ先は私のハイク仲間のJUDEのアパートで、これから約1ヶ月ここに滞在してテニアン観光、冒険、ハイクの始まりです。

       

まず二コールが観光したのはテニアンを代表する遺跡、「タガの遺跡」。今から4-5百年も前に古代チャモロの家屋の支柱に使われたという説がありこのタガ遺跡はマリアナ諸島でも最も大きいものです。キャップ(お椀型)とピラー(支柱)のセット12基のうち1基だけが今では立っているのみ。テニアン島ではここだけではなくジャングルのあちこちにラッテストーンの遺跡が今でも残されています。

         

タガ遺跡の横にある日本人墓地にお参りする二コール。お地蔵様とちゃっかり記念撮影。

      

タガ遺跡から徒歩5分ほどの所にある「キャマー・ビーチ」でくつろぐ二コール。週末にはテニアンのローカルがピクニックで賑わうローカルに人気のビーチです。すでにちょっぴりホームシックな二コール、、。

      

タガパークに戻ってタイヤのブランコに乗ったら、すっかり気をとりなおした二コールちゃん。単純そのものでーす。

     

喉が渇いたのでテニアン島で一番大きなスーパーマーケット「U-Save Market」にジュースを買いに行きました。

     

スーパーから歩いてすぐの所にあるテニアン郵便局に行ってアメリカの家族やお友達に絵葉書を送ります。

   

郵便局の裏にあるテニアン共同墓地にて。白い墓標がとっても眩しい暑い日でした。暑くてmichiは汗びしょです!でも二コールの社会見学にこの日は費やされたのよ。ジャングルの中の方が涼しいわ、と独り言。

       

3月にはコール先生のハイクでノースフィールドにある「ハゴイ池」にも行きました。

         

ジャングルに自生するパパイヤと一緒に記念撮影。まだ青いのはピクルにすると美味しいのよ。

     

そして、日にちは変わって今度はタガビーチからタチョンニャ・ビーチにハイクをしました。テニアンの海の蒼さにビックリの二コール。早速タチョンニャでスノーケルをすることに、、、

                   

タチョンニャ・ビーチではダイビングスクールの講習の真っ最中。二コールも体験ダイビングに挑戦。

(講義だけ。)

      

笑わないでね。マジでスノーケルするんだから。(ちょっとアホらしいけど、子供の夢の為だからこんな写真も我慢してね。)←内緒。

    

スノーケルの後はタチョンニャ・ビーチの奥にあるラッテストーン遺跡までハイクしました。

    

村に戻ると、日本時代の刑務所跡を探検。牢屋に入る二コールとmichi。

     

 一人置いて行かないでよ~!(前科2犯、懲役3年2ヶ月のつもり。)

   

     でも長く入ってると段々慣れてくるもんです。(終身刑)

ふざけている場合ではありません。二コールもそろそろアメリカに帰国する日が近づいてきました。アメリカとは全然違った南の島テニアンでの生活は彼女にとっても忘れられない思い出となることでしょう。

    

       パンの木の下でくつろぐ二コール。

    

テニアンのビーチで拾った沢山の貝がお土産です。

    

その後、チャモロファミリーのパーティに招待されたり、テニアンでの休暇を思い切り楽しんで二コールは封筒の中に折りたたまれてフリーダムエアでアメリカへと帰って行きました。

フラット・二コールちゃんまた会う日まで!ADIOS !

フラット・二コールプロジェクトはテニアン在住の絵本作家でもあるJUDEが多くの子供達が二コールと共にテニアン島を知ってもらうために作られたストーリーです。彼女が作った「フラット・二コールの冒険」は10数枚の写真日記としてアメリカの小学校に送られました。

       

  ★Jude and Flat Nicole at Tachogna Beach latte site.

   

スポンサーサイト







2008⁄04⁄12 17:40 カテゴリー:ハイク etc. comment(4) trackback(0)
▲pagetop












コメント



心和みました。
そして、心からその場に一緒に居たかったと思いました。
そう、テニアンに帰りたい。そう思いました。
(2008/04/25 00:22) URL | バンダナおやじ[ 編集]


最後までお付き合い読んでくれてありがとう。バンダナおやじが知ってる場所ばかりだから、きっと懐かしいでしょう。
また、機会があったら必ず来てください。おにぎり作って待ってます。(W)
(2008/04/25 08:37) URL | michi[ 編集]


あああ、またまた大笑いさせていただきました。
この記事自体が絵本そのものですねー。
(2008/04/25 12:17) URL | yow[ 編集]


自画像じゃなくて、本物が一番良いのですが、なかなか来れないので来た「つもり」だけでもね。
牢屋も入ったつもり、、、。へへ、あ、ホントに入ってましたね。
(2008/04/25 18:36) URL | michi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin