青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








リターンto羅宗台地ハイク


01/26/Sat/ 2008    リターンto羅宗台地ハイク

前回の羅宗台地のハイクは羅宗神社まで車で行き、南側の尾瀬の洞窟を探索したりのハイクでした。今回のコースはコール先生のご希望でちょっぴりハード」なハイクと言う事でしたが、

そのちょっぴりが「びっくりハード」なコースだったんですよ~。時々登場する

「ビックリ玉ねぎ」。

その「びっくりコース」はmichiも2度と挑戦したくない。タフなコースでありました~! 

     

エントリーは「ブロードウェイ」沿いにある「NKK神社」の手前「日本人の防御要塞」から。写真は2本の松ノ木が立ち並ぶ「防御要塞」の入り口です。

       続きはread moreからどうぞ~。




 

 

 

            

羅宗台地を背にコール先生のトラックから降りるところ。後方に見えている台地は第一クリフで

羅宗台地は2段ケーキのようになっているのが始めて分かりました。なのでここからは目指す台地の頂上は見えません!

     

     ここは観光のスポットでもある「日本人の防御要塞」のある所。

     

    そこに設置された説明のプレート。(森岡氏がテニアン市に贈呈)

   

    

この竹林の中に洞窟があり観光で洞窟などを見ることができます。が、、こちらは帰りに見ることができるので本日の本番のハイクに入ります。コール先生が目指すのは羅宗神社北側の尾瀬に構える「要塞」なのです。

ここからは縮小写真で紹介しますので画像をクリックして拡大してください。

  hike

右に行くと洞窟ですが、立看板の横の道にエントリーします。きょうの参加者はいつもの中年トリオとエリカ。

  hike

ジャングルに入ってすぐにある洞窟をまず探索中。寄り道してる暇はあまりないのですぐにハイクを続けます。
  hikeジャングルにエントリーするとすぐに始まる上り坂。

  hikeまだ続く上り坂。

  hikeこれでもか!と続きます。

  hike時々コール先生も道を間違え、引き返したりして。

  hike

やっと辿り着いた平地。でも蜂の巣が多いタガンタガンのジャングル。はやくライムストーンのジャングルに戻りたーい。

  hike

タガンタガンのジャングルの後は草むらの中をハイク。ここも羅宗台地の上なのですがまだ中腹あたり。

  hike可愛い野草を見るのもハイクの楽しみ。
 

  hike目指すは遠くに見える岩の下辺りにある「要塞」。

    hike草むらからまたジャングルに入ります。

  Laso Jude! michi  Erica

「ここを登らせるつもり~?!」とJUDE。コール先生は「んだ、そこを登らにゃ目的地に着かんで~!」

  hike

覚悟の「最後の晩餐」をする気分でスナックタイム。エリカと私はこの横で持参のシリアルスナックバーに噛り付いています。(笑)、、それが最後のスナックになるとも知らずに、、、。(泣)

  hike

ひつこいようですが、又クリフラインの上り坂。リアルにハイクの様子を伝えたいのであしからず。

  hike

  ちょっとビックリの洞窟にコール先生が案内してくれました。

  hike hike
              中は弾丸だらけ!

  hike

この洞窟近辺にはこんな光景も。土に突き刺さった16インチ砲弾。砲弾はあちこちで見かけます。これらの砲弾には触れないように。古くても爆発する恐れがあります。

  hikeもっと上に上ると、その先に見えてきた!要塞が!!

  hike要塞の窓から覗くエリカ。

  hike窓の中から外を写すとこんな感じ。

  hike hike

  中も結構広いです。奥にも別の部屋があります。

  hike奥の部屋に繋がる通路。

  hike

奥の部屋に行く前にある、また別の窓。2つ並んでいました。この要塞は羅宗神社北側の斜面にあり、サイパンの方角に向かって造られています。

ハイクはここが山場ですが、ここからはそれほど遠くない羅宗神社まで登りきるのがきょうのハイクの目的。ここで休まずハイクを続けます。

  hike

  前回も来たアンテナやクレーンの残骸のエリアを通過して羅宗神社を目指します。

  hike hike

クレーンの場所からは10分足らずで羅宗台地の頂上にある「羅宗神社」にやっと到着。階段の上にある神社の祠。ここからはサイパンが見えて景色は最高!

  hike

アンテナ台の上に立つJUDE。麓から羅宗台地の一番高い場所に到達したわけです。時刻はすでに午後1時半。麓から約5時間の道のりでした。

  hike

 アンテナ台から下りて下に落ちているアンテナのプレイトを見学。

頂上で時間を過した後、もと来た道を引き返し車を停めた地点まで下山するのです。コール先生は「きょうは3時すぎちゃうなー。」とお腹の空き具合が少々心配。(特にがっつき親子がお供なので、、。)が、michiも根性ある所をお見せします。「腹がへったー!」なんて決して泣き言は言いません!心の中では100回言いましたが、、。

そして下山が始まりました、、、。

  hike

もと来た道を引き返しているようでも、微妙に違う道をハイクしているのです。コール先生は何度もGPSを確認。そのたびに私達にどの辺りに居るのか所在を知らせてくださいます。

  hike
来た時よりも寄り道がない分早く下山は可能ですが、それでもかなり遠くまで来たのでさすがにおしゃべりで冗談ばかり言っている私達も口数が少なくなって来ます。

  hike
この羅宗台地ハイクの特徴はいつになく「草むら」に出会います。コール先生はトゲのある草むらを歩くくらいならジャングルをハイクする道を選ばれますが、今回はジャングルに入って遠回りしている時間もなく草むらを突っ切ることを避けられませんでした。

  hike

やっと竹やぶに戻った時は嬉しかった~!!テニアンではないような不思議な空間。竹やぶの中の静寂を破るように時々竹が割れるような音がします。

  hike   hike

竹やぶの中にある汽車の足桁の部分。日本時代は「NKK神社」に続く鉄道があったのでしょう。

  hike

この竹やぶのクリフラインに観光スポットの洞窟があるのです。疲れも忘れてせっかく来たのだから帰りがてら洞窟を見学することに。

  hike

階段も出来ていて比較的見学しやすいスポットです。洞窟を見学したい方にはお薦めのスポットです。

  hike

洞窟がいくつかあるのでやっぱり中に入ってみたりして。

  hike

洞窟があれば、そこにはいつもコール先生。(W)

  hike私もついでに入っちゃう。

  hikeDANGER DO NOT ENTER CAVES

(洞窟には入らないように)

なんて注意書きの看板が出た所にあったりして。逆方向から来た私達はもう入っちゃったよ~。

  hikeはーい!もと来た場所に帰ってきました!

帰り道は約一時間で帰って来ることができました。コール先生のトラックを駐車した「日本人防御要塞」の観光スポットから羅宗台地を指をさして、「あの上まで行くんだよ~」と言われた時は「ぎょぎょっ!」とおののきましたが、成せば成る。沢山の植物に触れながら自然の空気を思い切り味わったのでしたが、さすが霞を食べて生きていけるような仙人ではありませんでした。今回のハイクで私は3箇所を蜂に刺され、まさに泣きっ面に蜂!長いレポート最後まで読んでくださってありがとうございました! 

☆I would like to say great thanks to Mr. Cole and Jude who is proviting nice pictures for my blog.


                              michi also Mitch  

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト







2008⁄01⁄26 13:38 カテゴリー:コール先生とテニアン ハイク comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2017 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。