青く澄み切った海と空、そして深い緑の原生林のテニアン島は不思議アイランド。時間が止まったままの空間にハイクをします。
住吉神社裏、カロリナス・ラッテストーン遺跡ハイク


 02/23/Sat  住吉神社裏、カロリナス・ラッテストーン遺跡ハイク 

乾季のせいか雨量は少ないですが昨夜から強い風が吹きまくっていました。朝になると少し風もおさまりましたが明日あたりから天気が崩れそうという天気予報が当たるも八卦、当たらなくても私の人生に特別関係ない、という無責任なmichiでございます~。

今日のハイクは1月3日に行ったカロリナスハイクの続き、、と申しましょうか。前回ラッテストーン遺跡が見つからなかったので事前に調査にカロリナスに行ったコール先生は、前回ミスった遺跡ではない、また別の遺跡を発見。GPSにしっかりとマークしたので今度はミスることないよ~、と私達のリーダーとしては自信満々!カロリナス台地はテニアン島で最も海抜の高い台地のうえに、前回のハイクではあまり道が開けていないクリフラインに入ってしまったので見所は多かったのですが「えれー目」にあった訳です。今回もそれなりの「覚悟」の上、でもラッテストーンの遺跡は見てみたい!という欲張り根性に後押しされて参加しました。

  

前回同様、カロリナスハイツの上にある「住吉神社」の境内の入り口までコール先生のトラックでドライブ。写真の向かって左からJUDE、コール先生、ステイシー、マサさん、エリカ。  

   read more から読んでくださいませ。



▽read more


スポンサーサイト



2008⁄02⁄23 15:27 カテゴリー:コール先生とテニアン ハイク comment(0) trackback(0)
▲pagetop








マルポ地区日本時代鉄道探索ハイク


02/16/Sat  マルポ地区日本時代鉄道探索ハイク

1週間があっという間に過ぎ、毎週すっかりお馴染みのメンバーとのハイクの土曜日がやってきました。今回は前々日からテニアンにバケーションで来ていた元名鉄フレミングのCOウォーカーだった鈴木さんが参加してくださいました。パガンの噴火のためか空がどんより曇り気味。テニアンのハイクはこの位の曇り空が最適なのですがパガンの煙では喉にはよいことありません。

       

今日、2月16日はコール先生のお誕生日。皆で計画して私が「いたずらケーキ」を焼きました。

その「いたずら」、、というのは、、、、

             

いつも先頭をハイクして蜂に刺される先生のために Happy Bee's Day

なんちゃって、おまけにいつもジャングルで見かけるテニアンホットペッパーまで飾ったりして、すみません、おふざけまして。

      

本日のハイクは私たちの住むサンホセ村から車で10分もかからないマルポのジャングルに今も存在するという日本時代の鉄道線路、そして唯一残っている駅(プラットフォーム)を見学し、その周辺のジャングルをハイクします。コール先生がトラックを駐車したのはマルポの農業地区北のはずれにある民家の隣の空き地。

   続きはREAD MOREからどうぞ。



▽read more





2008⁄02⁄16 15:21 カテゴリー:コール先生とテニアン ハイク comment(0) trackback(0)
▲pagetop








羅宗台地 上方尾根クリフライン


02/09/Sat/2008   羅宗台地 上方尾根クリフライン

              

               02/10/2008 ブロードウェイより羅宗大地を望む。

テニアンの大地で代表される台地は、カロリナス(180m+)、ラッソー(164m+)、サバネダバス(114m+)とありますが、どの台地も見所がありそう、、とハイカーの興味をそそられるコースが気になるところ、、、ですが、どの台地もやはり道なき道がひたすら続きます。特にサバネダバスは熟練ガイドのコール先生も泣かした険しいコース。

私は今回でラッソーのハイクは3回目。長い間テニアンに住んでいてブロードウェイをドライブするたびに遥か遠くに見える台地に足を踏み入れることじたい私にとってはチャレンジであり、でも本音ではラッソーの土を踏んでその自然や戦跡をこの眼で確かめたいという願いがあったのです。

羅宗台地は北のブロードウェイ側からも、南のチューロ側からも見ることができます。今日のハイクは前回の復習がてら羅宗神社から北西の尾根をハイクします。

     

今日のハイカーは、ちょっと珍しいメンバーの参加となりました。写真向かって右からコール先生、Jude、アオキさん、マサさん、竹内ご夫妻、エリカ、私の8人の参加です。写真は羅宗神社に到着したところ。やはりテニアン=海なので皆さんいつもと違ったジャングルハイクに胸をワクワクさせているはず!

                    

 

  read more 続きを読むです。

 



▽read more





2008⁄02⁄09 14:26 カテゴリー:コール先生とテニアン ハイク comment(4) trackback(0)
▲pagetop








ウナイ・ダンクロ(ロングビーチ)ラッテストーン・トレイル


02/02/Sat/ 2008 ウナイ・ダンクロ(ロングビーチ)ラッテストーン・トレイル

ロングビーチはテニアン島、北東に位置する名前の通りに長ーい白砂の美しいビーチです。正面にはサイパン島を望み、リーフに囲まれたビーチは少々流れは速くても浅瀬でスノーケリングを楽しむこともできます。

              

今日のハイクはロングビーチに沿いにある、かつてのチャモロの生活の場であったラッテストーン遺跡ウナイ・ダンクロ・トレイルを巡るハイクです。

     read more からどーぞ続きをお読みください。



▽read more





2008⁄02⁄02 14:20 カテゴリー:コール先生とテニアン ハイク comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

テニアンからです~。

michi007

Author:michi007
いつも皆さんお世話になってます、michiです。
テニアン島は小さい島と思っていましたがとんでもない!
歩いてみると自分がいかにちっぽけかがわかります。
テニアンでのハイクは自然の素晴らしさや自然への思いやりを
教えてくれます。皆さん、michiとハイクをしませんか。

PAPACOCOテニアン何でも掲示板


PAPACOCONUTS TINIAN

テ二アンからの独り言





FreeKibble.com


クリックでシェルターのワンちゃん、ネコちゃんにご飯を!


カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ハイクレポート


カテゴリー


コメントありがと。


いらしゃーいハイカー


リンク


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム


▲pagetop



Copyright © 2008 ハイクス オン テニアン 天仁安 浪漫探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin